モーパッサン短篇選

Front Cover
岩波書店, 2002 - 295 pages
鋭い観察力に支えられた、的確で抑制のきいた描写、余韻をたたえた味わい深い結末。モーパッサン(一八五〇‐一八九三)は、十九世紀フランス文学を代表する短篇小説の名手で、実に三百篇以上にも及ぶ短篇を書いた。その数ある作品の中から厳選に厳選を重ねた十五篇を収録。新訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information