献灯使

Front Cover
講談社, 2017 - Dystopias - 268 pages
大災厄に見舞われ、外来語も自動車もインターネットもなくなり鎖国状態の日本。老人は百歳を過ぎても健康だが子どもは学校に通う体力もない。義郎は身体が弱い曾孫の無名が心配でならない。無名は「献灯使」として日本から旅立つ運命に。大きな反響を呼んだ表題作など、震災後文学の頂点とも言える全5編を収録。

What people are saying - Write a review

Review: 献灯使

User Review  - tacbonald - Booklog

http://tacbook.hatenablog.com/entry/2016/02/10/185802 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information