聖書の読み方

Front Cover
岩波書店, 2010 - Bible - 208 pages
聖書は信仰をもつ人だけが読むものなのか?本書は聖書を、広く人びとに開かれた書物として読むための入門書である。特定の教派によらず、自主独立で読む。聖書学者の著者が、自身の経験と思索をもとに提案する「わかる読み方」。キリスト教に関心がある人はもちろん、西洋思想を学ぶ人にも格好の手引きとなる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information