不戦条約: 戦後日本の原点

Front Cover
東京大学出版会, Feb 28, 2020 - Japan - 296 pages
「国策手段としての戦争を放棄する」――1928年パリで調印され,世界史上はじめて国家間の戦争が否定された叡知の結晶「不戦条約」.日本国憲法9条の淵源ともされるこの記念碑的な国際条約の成立過程に迫り,米・仏そして日本など関係各国の交錯の立体的な描写を通じて,その全体像を明らかにする.

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2020)

広島大学法学部教授

Bibliographic information