四川チベットの宗教と地域社会: 宗教復興後を生きぬくボン教徒の人類学的研究

Front Cover
風響社, Feb 20, 2015 - Bon (Tibetan religion) - 372 pages
社会主義のイデオロギー、市場経済や消費文化、科学技術が押し寄せ、急速に社会が変容する中、今も人々を惹きつけるボン教。破壊と復興を経た現在の宗教実践から、存続のメカニズムを描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information