近代秀歌

Front Cover
岩波書店, 2013 - Japanese poetry - 250 pages
「やは肌のあつき血汐にふれも見で」「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」―懐かしくも新鮮な歌の数々は、日本人の感性の源として、永遠に伝えていくべき豊かな財産である。明治・大正期を中心に、“日本人ならこれだけは知っておいて欲しい”近代一〇〇首を当代随一の歌人が選び、心熱くなるエッセイとともに未来へ贈る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information