医療・福祉のための人間関係論: 患者は対等なパートナー

Front Cover
丸善, Jun 30, 2000 - 257 pages
本書は、医療や介護、そして福祉にたずさわる多くの人々のために、権威をもってではなく、より協調的な新しい「人間関係モデル」の実現をすすめるために書かれました。さらにそのような関係を築くために必要なコミュニケーションの方法も示しています。主に医師や看護婦と患者とのかかわり合いや会話の実例を通じて、人間関係の築き方が示されます。私達の誰もが、病気の家族や友達の介護者となる可能性があります。著者はこの本によって、医療専門家だけでなく介護や福祉に携わる方々が、患者の痛みや寂しさ、恐れや希望をより建設的に扱い、患者を力づけることができるようになることを望んでいます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information