暴走する日本軍兵士: 帝国を崩壊させた明治維新の「バグ」

Front Cover
朝日新聞出版, 2019 - 464 pages
西南戦争、閔妃殺害、張作霖爆殺、二・二六事件など、なぜ兵士はたびたび政府や軍上層部の意向を無視し、暗殺、暴動、クーデター遂行へと突き進んだのか。富国強兵のスローガンとともに近代日本に埋め込まれた三つのバグを鍵に、若きイスラエル人軍事史家が読み解く新しい近代史。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information