積分と函数解析: 実函数から多価函数へ

Front Cover
シュプリンガーフェアラーク東京, Jan 23, 2006 - 531 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
測度と積分の理論は、現代の解析学を支える大きな磁石のひとつである。本書ではまずその基本事項を、函数解析学との接点とともに丁寧に解説する。さらに解析学のいくつかの特殊な主題―可積分函数空間の弱位相、可積分函数の空間上で定義される非線形積分作用素の連続性、確率測度の作る空間の弱位相、多価函数の可測性とその積分―などについて詳述する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information