お伽草紙・新釈諸国噺

Front Cover
岩波書店, 2004 - 385 pages
「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」。誰もが知っている昔話も太宰治(1909‐48)の手にかかったら...。親しみやすい語り口に諷刺とおどけをしのばせ、天性の喜劇作家がおなじみの説話の世界を自由奔放に換骨奪胎。作者が「世界で一ばん偉い作家」と惚れこむ西鶴の作品を踏まえた「新釈諸国噺」を併収。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information