心の営みとしての病むこと: イメージの心理臨床

Front Cover
岩波書店, 2011 - 332 pages
人の生にとって「心を病む」ことにはどんな意味があるのだろうか。心理療法の一分野であるイメージ療法の研究・実践を積み重ねる著者が、自ら考案した「壷イメージ法」をはじめ様々な流派や技法、治療以外の場面への応用例などを解説し、イメージのもつ癒しの機能を解き明かす。心とからだの関わりをめぐる示唆に富む考察。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information