日清開戦前夜における日本のインテリジェンス: 明治前期の軍事情報活動と外交政策

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2016 - Military intelligence - 411 pages
本書は、近代日本情報史の通史的考察の出発点となる明治前期日本の情報活動を明らかにする。この期間の軍事情報活動と情報関係者の対外認識を明らかにし、政府の対外政策を検証。多数の未利用史料を踏査し、陸海軍、外務省、政府全体の対清・対露活動における情報収集から対外政策への活用まで、日本の情報活動の全体を対象とした。単なる情報史でなく外交史研究との架橋を初めて試みた画期的研究成果。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information