善意と悪意の英文学史: 語り手は読者をどのように愛してきたか

Front Cover
東京大学出版会, Sep 15, 2015 - 286 pages
小説家って、けっこう人が悪いんですね。嘘と謀略、善意と愛―語り手の「礼節」から、英語圏の作品を大胆に読み直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information