表象の傷: 第一次世界大戦からみるフランス文学史

Front Cover
人文書院, 2011 - 162 pages
「戦争文化」は文学に何をもたらしたのか?ベル・エポックから狂乱の時代へ。豊穣な文学の開花とそれを突然断ち切った大戦。大戦前後に起こった芸術上の転回とはいかなるものだったのか?戦時中の文学状況を「戦争文化」という概念を手がかりに考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information