ジグソー法を考える: 協同・共感・責任への学び

Front Cover
丸善プラネット, 2016 - 136 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「ジグソー法」は、アメリカの著名な社会心理学者Elliot Aronsonが考案した学習方式であり、「『技能としての協力』を身に付け、共感し合える人間関係を築く」ことが目指されている。本書では、「ジグソー法」誕生の背景や目的について整理し、同時に筆者の実践の一部を紹介。「グローバル化」「多様性の尊重」「異文化理解」が叫ばれる一方で、消えない偏見と差別。相互理解を進めるための一つの方法としてジグソー法を紹介する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information