「道徳的である」とはどういうことか: 要説・倫理学原論

Front Cover
世界思想社, Dec 1, 2013 - 184 pages
求められているのは「自己の善」か「世界の善」か。カント、ムア、ロス、ヘア、ロールズ、ハーバマス、大庭健、永井均等、諸道徳説を検討する。併せて「利己」ということを突き詰めて考察し、「功利主義」について新しい解釈を施しつつ、「議務論vs.帰結主義」という基本対立構図を基底的に問い直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information