ソナタ形式の修辞学: 古典派の音楽形式論

Front Cover
音楽之友社, 2018 - 368 pages
音楽形式とは何か、ソナタ形式とは何か、当時の人々にどう理解されていたか。19世紀に「ソナタ形式」と呼ばれるようになった西洋近代で最も重要な音楽形式について、18~19世紀の理論や美学的記述を再読することによって、当時の基本的教養であった修辞学の観点から再考し、それが現代における古典派音楽の理解にどう寄与するかを問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information