近代世界の哲学: ミュンツァーからライプニッツへ

Front Cover
フランソワシャトレ
白水社, Jun 25, 1998 - 287 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
宗教改革、宇宙観の転換、新しい自然観などを通じて、十六、七世紀の思想の特質を辿る。扱われる思想家は、ミュンツァー、クザーヌス、ブルーノ、ガリレイ、デカルト、ホッブズ、マルブランシュ、スピノザ、ライプニッツなど。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information