分裂から天下統一へ: シリーズ日本中世史 4

Front Cover
岩波書店, 2016 - Japan - 241 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
大名どうしの争いが続く「分裂」の時代は、信長、秀吉、家康ら「天下人」の登場とともに「統一」へと転じた。その流れのなかで生じた、銀の増産、鉄砲伝来、そして朝鮮侵略という「日本史上のエポック」は、どれも世界史的な文脈においてこそ、その本質をとらえうる。大きな枠組みから「日本」を問い直す、いま必読の一書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information