生命のセントラルドグマ: RNAがおりなす分子生物学の中心教義

Front Cover
講談社, Feb 20, 2007 - 212 pages
私たちが生きているのは、遺伝子からつねにタンパク質が作られ続けているから。このとき、DNAの遺伝情報は、いったんRNAという物質にコピーされタンパク質に翻訳される。この流れが「分子生物学のセントラルドグマ」といわれるものだ。その主役はRNA。多彩なしくみでなりたつセントラルドグマの世界を、RNAを中心にわかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information