異文化間コミュニケーション入門

Front Cover
西田ひろ子
創元社, 2000 - Communication - 334 pages
異文化間コミュニケーションはアメリカを中心に発展してきた学問分野であり、その基盤はコミュニケーション学にある。現在、アメリカで、コミュニケーション学部(コミュニケーション科学部やスピーチ・コミュニケーション学部なども含む)を置いている大学は660校にも及び、関連学部(スピーチ・シアター学部、人間科学部など)を含めると、「コミュニケーション」という講義科目を置いている大学は878大学にも及ぶ(ナショナル・コミュニケーション学会の1997‐1998年度ディレクトリーより)。この数字は、コミュニケーションという学問がアメリカ社会の中に深く根を下ろしていることを物語っている。本書は、このようなアメリカの大学院で異文化間コミュニケーション学を学んできた専門家によって書かれた入門書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information