冬の王: ヘンリー七世と黎明のテューダー王朝

Front Cover
彩流社, 2016 - 477 pages
イギリス薔薇戦争(1455‐85)を制し、相争った白薔薇(ヨーク家)と赤薔薇(ランカスター家)を和解させたヘンリー七世。国内にもたらされた安定の影で、人々を震撼させたその手法とは...。英国国教会を成立させたヘンリー八世や、イングランドの黄金時代を現出したエリザベス一世につながるテューダー朝の幕開けを、書簡や帳簿等の一次資料も渉猟し、鮮やかに描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information