闘うジャーナリストたち: 国境なき記者団 (ルポルテール・サン・フロンティエール) の挑戦

Front Cover
岩波書店, Oct 6, 2004 - 263 pages
「国境なき記者団」は、「言論・報道の自由」を守るために、1985年フランスで設立されたジャーナリストによる団体です。世界中で弾圧・拘禁・殺害されたジャーナリストとその家族を救出・支援するとともに、各国のメディア規制の動きを常に監視し、警告を発しています。本書は、創設以来のメンバーで現在事務局長のロベール・ナメール氏が、自らの来歴を語りながら、この団体の20年近い活動を描いています。窮地のジャーナリストを救い、メディア規制の動きに敢然と立ち向かう「国境なき記者団」の「自由」を守る闘いが、いまこの本で明らかになります。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information