滲透するルーマン理論: 機能分化論からの展望

Front Cover
文眞堂, Mar 25, 2013 - 215 pages
本書はかねてよりルーマン理論を研究する著者たちが、広く社会理論の活性化を願って編んだ「近況報告集」であり、社会の機能分化をキーワードとして、政治・経済・芸術等の個別機能システムやシステム間関係、さらには機能分化社会の未来にまで論じ及ぶ。ルーマン理論の広さと深さ、そして何よりも21世紀における豊かな応用可能性を実感させる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information