アジアの金融・資本市場: 危機の内層

Front Cover
慶應義塾大学出版会, Feb 1, 2000 - Asia - 346 pages
本書は慶応義塾大学地域研究センターが平成10年度(1998年度)の事業の一環として主催した地域研究講座「アジアの金融・資本市場」の内容をまとめたものである。1997年7月に噴出したタイ通貨バーツの投機売りに端を発し、韓国、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどの近隣諸国の通貨安の動きにも波及したいわゆる東・東南アジアの通貨・金融危機をトピック・テーマとして、アジアの金融・資本市場をめぐる問題をできるだけ多面的に解明・分析する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information