コミュニケーションの社会史: 京都大学人文科学研究所報告

Front Cover
前川和也
ミネルヴァ書房, 2001 - 434 pages
京都大学人文科学研究所において、1995年から1998年までの3年間実施された共同研究、「コミュニケーションの社会史」の成果報告集。交通、通信手段、印刷技術などが格段の発達をとげる以前の諸社会、主として19世紀までのヨーロッパ社会において、人と人とが相互に理解しあうために、情報がどのように伝達されたか、情報はどのように受けとめられ、そしてそれによって人間の社会的結合のありかたがどのように変容していったかを分析。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information