震災復興学: 阪神・淡路20年の歩みと東日本大震災の教訓

Front Cover
神戸大学震災復興支援プラットフォーム
ミネルヴァ書房, Oct 25, 2015 - Disaster relief - 294 pages
阪神・淡路大震災から20年を経た今、様々な被災地復興支援・学術調査活動の成果や教訓が生み出され、東日本大震災における実践例の検証も進んでいる。本書は、阪神・淡路大震災以降、神戸大学において震災復興学を講じてきた研究者を執筆陣とし、災害に関する学問的課題や将来への展望を、広く社会に発信する一冊である。明日を担う若者たちが学際的知識を習得できる、震災復興学の入門テキスト。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information