カフカ寓話集

Front Cover
岩波書店, 1998 - 243 pages
「カフカ伝説」といったものがある。世の名声を願わず、常に謙虚で、死が近づいたとき友人に作品一切の焼却を依頼したカフカ―。だが、くわしく生涯をみていくと、べつの肖像が浮かんでくる。一見、謙虚な人物とつかずはなれず、いずれ自分の時代がくると、固く心に期していたもの書きであって、いわば野心家カフカである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information