戦争と平和

Front Cover
岩波書店, 2006 - 508 pages
一八〇五年夏、ペテルブルグ。上流社会のパーティに外国帰りの奇妙な青年ピエールが現れる。モスクワでは伯爵家の少女ナターシャが名の日の祝いに平和を満喫。一方従軍するアンドレイ、ニコライらに戦火は迫り―対ナポレオン戦争を描いて世界文学史に輝く不滅の名作!新訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information