宗教と社会の戦後史

Front Cover
堀江宗正
東京大学出版会, 2019 - Japan - 348 pages
私たちは「二重の時間性」を生きてきた。戦後を徹底させる動きと、戦前に回帰する動き。この二つが重層する特異な戦後史。その間を揺れ動く「宗教」。その過去・現在・未来を解き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information