カント哲学の奇妙な歪み: 『純粋理性批判』を読む

Front Cover
岩波書店, 2017 - 218 pages
近代哲学はカントの認識論で素朴な経験主義を脱し、自然科学から自立したという理解は本当だろうか?哲学史的事情を踏まえるなら、カントの哲学は自然科学を形而上学によって基礎づけたのではなく、自然科学を基盤としてそれに形而上学の装いを与えたのではなかったか。自然主義と全体論の視点から近世哲学史を再検討する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information