「ファインマン物理学」を読む: 電磁気学を中心として

Front Cover
講談社, 2020 - 246 pages
『ファインマン物理学』の電磁気学の講義では冒頭からマクスウェル方程式が語られる!方程式の意味を理解し、そこから電磁場の仕組みまでを一気に紹介する過程で浮かび上がる電磁気学の本質。「場」とはなにか?「作用」とはなにか?ファインマン流の電磁気学、さらに量子電気力学へ、その思考のながれを凝縮し、明快に語り尽くす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information