日本の市民社会におけるNPOと市民参加

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2008 - Nonprofit organizations - 310 pages
集団行為のジレンマ問題を克服するための制度はどのように設計、運営され、発展してきたのか。神奈川県の生活クラブを事例に、合理的選択論と合理的選択新制度論の観点からNPOと市民参加との相互作用のメカニズムを検討する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information