現代環境思想論: “環境社会”から“緑の社会”へ

Front Cover
ミネルヴァ書房, Jun 5, 2014 - Economic development - 287 pages
今日の環境問題の根本的原因が生態学的合理性よりも経済的合理性を重視する近代産業社会とそのイデオロギーである産業主義思想にあると捉え、産業革命以降の近代西欧先進国における近代産業社会の多様な思想を批判的に検討。現代環境思想が環境危機を克服していくための社会制度変革へと結実していく役割を担っていることを多角的に探ることによって、新しい環境社会としての“緑の社会”への展望を理論的に考察した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information