隠語の民俗学: 差別とアイデンティティ

Front Cover
河出書房新社, 2011 - Cant - 190 pages
犯罪者などの反社会的集団も、漂泊放浪の芸能民やサンカ、サンショの賎民たちも、隠語を生むことで矜恃と被差別を共有した。隠語のルーツと心意に遡る、初めての構造民俗学。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information