月と六ペンス

Front Cover
新潮社, 2014 - 378 pages
ある夕食会で出会った、冴えない男ストリックランド。ロンドンで、仕事、家庭と何不自由ない暮らしを送っていた彼がある日、忽然と行方をくらませたという。パリで再会した彼の口から真相を聞いたとき、私は耳を疑った。四十をすぎた男が、すべてを捨てて挑んだこととは―。ある天才画家の情熱の生涯を描き、正気と狂気が混在する人間の本質に迫る、歴史的大ベストセラーの新訳。

What people are saying - Write a review

Review: 月と六ペンス (新潮文庫)

User Review  - kei - Booklog

my best Read full review

Bibliographic information