イギリス小説のヒロインたち: 〈関係〉のダイナミックス

Front Cover
ミネルヴァ書房, 1998 - 235 pages
イギリス小説に登場するヒロインたちは、どのような時代を生きて、そこで直面する困難をどのように克服してきたのであろうか。「小説」という表現形式で時代が語られはじめた19世紀は、女性自身が主体的に語りだした時代でもある。オースティン、ブロンテ、エリオットなどの小説が読まれ、討論されることは、主人公・作者・読者という多くのヒロインたちを誕生させることでもあった。本書は、そのようなヒロインたちを理解するためのユニークなアプローチである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information