阪神・淡路大震災10年: 新しい市民社会のために

Front Cover
柳田邦男
岩波書店, 2004 - Earthquake relief - 227 pages
壊滅的な打撃を受けた阪神・淡路大震災から一〇年。被災地は表向き見違えるように蘇ったが、復興一〇年の現実はどうか?復興住宅、人びとの暮らし、経済・産業の復興、孤独死の問題など被災地の変化と到達点を市民の立場から検証し、震災の混乱の中から登場してきた「自律市民」の多様な活動を紹介する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information