労働時間の政治経済学: フランスにおけるワークシェアリングの試み

Front Cover
名古屋大学出版会, 2010 - Hours of labor - 402 pages
ワークシェアリングは成功したのか。フランスにおける先進的な取り組みが雇用創出と労使関係に与えた効果について、1980年代から現在までの制度の追跡と、ルノーやトヨタ・フランスなど自動車企業の実態調査によって、マクロとミクロ両面より分析。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information