国際関係の論点: グローバル・ガバナンスの視点から

Front Cover
文眞堂, Feb 28, 2015 - 210 pages
大きく変容する戦後の国際秩序、その先行きには暗雲が漂う。一国の統治だけでは解決できない多くの厄介な問題に直面する世界。利害の対立で綻びが目立つ国際協調の枠組み。グローバル・ガバナンスの意義が問われている。焦眉の国際関係の諸問題にどう対応していくべきか、現状と課題を学際的に考察。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information