アビ・ヴァールブルク記憶の迷宮

Front Cover
青土社, 2001 - 397 pages
図像表現の細部に宿るパトスを一身に受けとめた美術史家アビ・ヴァールブルク。その妄想と錯乱を孕んだ思考のただなかに沸騰する情念の論理を精緻に解読し、20世紀思想史の未踏の領野を照らしだす輝かしい力作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information