ネイションを超えて

Front Cover
小森陽一
岩波書店, 2003 - Decolonization in literature - 266 pages
国民国家の形成に文学は重要な役割を担った。ナショナリズムと時を同じくして登場したネイションの文学=「国」文学は、グローバル化の波をうけて国民・国家概念そのものが揺らぐいま、いかなる変貌を遂げるのか。ネイション形成の要としての言語―文学と国家の関係を問う。文学の新世紀を切り拓く、最前線の思考。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information