ノートル=ダム・ド・パリ上, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2016 - 469 pages
フランス・ロマン主義を代表する作家ユゴー(1802‐1885)が、1482年のパリを舞台に中世の社会と民衆の風俗を生き生きと描く。醜い鐘番のカジモド、美しい踊り子エスメラルダ、陰鬱な司教補佐クロード・フロロ。“宿命”によって翻弄される登場人物たちが、愛や情熱や嫉妬といった感情のドラマを繰りひろげる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information