くすりの効き方は人によって違うの?

Front Cover
丸善, Feb 28, 2003 - 112 pages
お酒に強い人と弱い人がいるように、くすりが効く人と効きにくい人がいます。その原因は、わずかな遺伝子の遺いによることがわかり始めています。これからは、自分の遺伝子にあったくすりの種類や量を決める「オーダーメイド治療」をすることで、くすりの相互作用を防いだり、副作用の少ない薬物治療が可能となるかもしれません。本書では、くすりの効き方に個人差が生じるしくみや、どのような遺伝子が原因となるのか、遺伝子診断の方法などを、わかりやすく解説します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information