物質と記憶

Front Cover
思潮社, 2001 - Japanese literature - 333 pages
「文学とは結局は“物質”であり“記憶”であって、それ以外の何ものでもない」―言葉がもっともなまなましく生きられる場所を描きだす、十余年にわたる日本文学論集成。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information