英語習得の「常識」「非常識」: 第二言語習得研究からの検証

Front Cover
大修館書店, Dec 1, 2004 - 179 pages
本書の目的は、世間に流布する外国語学習や第二言語習得に関連する「俗説」を取り上げ、それらが正しい根拠に基づいた説なのかどうかを検討することです。現在までの研究成果から、どの説が常識で、どの説が非常識なのか考察していきます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information