数学の不思議: 数の意味と美しさ

Front Cover
青土社, Mar 13, 1998 - 406 pages
数秘術からゲーデルまで。無限や素数の神秘。単純な方程式に秘められた精妙複雑な図形。数論のあちこちに出現するπや黄金平均。ピュタゴラス学派や黒魔術の五線星型...文学や絵画、音楽以上に優美な美しさを秘めていた、数の世界の蠱惑の扉を開く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information