TVメディアの興亡: デジタル革命と多チャンネル時代

Front Cover
集英社, 2000 - 222 pages
地上波テレビ・ネットワークの熾烈な争い。全国に張り巡らされたケーブルテレビ網や、衛星放送の発展に伴う多チャンネル化。映像ソフト価格の大暴騰。そして、次世代テレビをにらんでのデジタル革命―アメリカでは、巨額の資金をもつメディア・コングロマリットによって、こうした複雑で急速な変化が日々もたらされている。本書は、今まさに動いているアメリカ映像メディアの地殻変動をわかりやすく伝え、日本においても近い将来確実に起こるこの劇的変化の意味を知るための必読の書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information