なぜ日本企業では情報共有が進まないのか: ナレッジ・マネジャー7つの心得

Front Cover
東洋経済新報社, Feb 10, 1999 - Business & Economics - 211 pages
次々と情報革新を成し遂げるアメリカ企業と出遅れる日本企業。その差はどこにあるのか?ナレッジ・マネジャーを養成し、社内情報の共有化に成功するコツを紹介。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (1999)

田坂広志(たさか・ひろし) 1951年生まれ。1974年、東京大学工学部卒業。 1981年、東京大学大学院修了。工学博士(原子力工学)。 同年、民間企業入社。原子力事業部で放射性廃棄物関連プロジェクトに従事。 1987年、米国のシンクタンク、バテル記念研究所客員研究員。 同時に、米国のパシフィック・ノースウェスト国立研究所客員研究員。 1990年、日本総合研究所の設立に参画。取締役等を歴任。現在、同所フェロー。 2000年、多摩大学大学院教授に就任。社会起業家論と社会的企業論を開講。 同年、21世紀の社会システムのパラダイム転換をめざす、グローバル・ネットワーク・シンクタンク、ソフィアバンクを設立。代表に就任。 2003年、社会起業家フォーラムを設立。代表に就任。全国から数多くの社会起業家が集まり、諸分野での社会変革に取り組んでいる。 2005年、米国のジャパンソサエティより、日米イノベーターズに選ばれる。 2008年、ダボス会議を主催する世界経済フォーラムのグローバル・アジェンダ・カウンシルのメンバーに就任。 2010年、4人のノーベル賞受賞者が名誉会員を務める世界賢人会議ブダペスト・クラブの日本代表に就任。 2011年3月から9月、東日本大震災の発生に伴い、内閣官房参与に就任。総理大臣の特別顧問として、原発事故への対策、原子力行政の改革、原子力政策の転換に取り組む。 著書は60冊余。現在、海外でも旺盛な出版と講演の活動を行っている。 著者へのご意見やご感想は、個人アドレスへ。 メールアドレス tasaka@hiroshitasaka.jp 著者の定期メール「風の便り」の配信を希望される方は、「未来からの風フォーラム」のサイトへ。 サイトアドレス http://www.hiroshitasaka.jp 著者の講演や講義をお聞きになりたい方は、「ソフィアバンク・ラジオ・ステーション」のサイトへ。 サイトアドレス http://www.sophiabank.co.jp

Bibliographic information