消費者契約の法理論

Front Cover
弘文堂, 2002 - Consumer protection - 370 pages
消費者契約における事業者の義務を軸に、民法の基本理論にさかのぼって消費者契約をめぐる現代的諸問題にアプローチ。「消費者契約法」の問題点を指摘し、今後の立法課題を提言する民法をより実質化するための初めての試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information